Monsieur Linh and His Child

 大学生になったらペーパーバックを読みましょう。英文の読みやすさ:易しいー1年生でもきっと読めます。原著はフランス語ですが、翻訳英文はシンプルで読みやすい。日本語版「リンさんと小さな子」(高橋啓訳)は、文章がエレガントでそちらもお勧めです。

 

 女の子の赤い靴とドレスが、表紙に見えます。戦争難民となった老人Linhさんが、鞄一つと亡くなった息子の子どもの赤ん坊を抱えて、言葉の通じない国の港に降り立つ。そこでできた友と心を通わせながら、赤ん坊の女の子をいとおしく守り育てる。移民について足下から考えさせてくれる。ぜひ。

 

 

Please reload

© Midori Shikano Created with Wix.com

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey